アフィリエイトに必須なアイテム

文賢を初心者アフィリエイターが利用するメリット・デメリット。素人の文章が一瞬でプロの文章に

更新日:

アフィリエイトで月100万円以上稼いでいる、マナブさんもおすすめする書籍「沈黙のWebライティング」。

「文賢」は沈黙シリーズを執筆した会社が作成した文章添削ツールです。 1,000以上の企業や個人が文賢を導入しています。

ライター未経験者、文字単価0.5〜1円ライター、ブログを始めて1年未満なら、文賢の利用がおすすめです!

初心者アフィリエイターが文賢を利用するメリット・デメリットを紹介していきます。

 

ポイント

結論:AIが添削してくれるので、短期間でメキメキと自分の文章力があがります。1度の添削で100以上提案してくれるため、一瞬で素人の文章がプロの文章に早変わり♪

※当ブログでは育休中に副業でアフィリエイトを始めたいママ(頑張って2時間くらいしか取れない)向けに記事を書いています。

 

文賢を初心者アフィリエイターが利用するメリット

自分の文章のクセが直せる

自分の文章のクセは客観的に見れる人じゃないと直せません。そして人間の脳の作り的に「自分の文章は完璧」という先入観があるので、変なところに気づけないんです。しかし文賢を導入すると、自分がよく使うクセに気づけます。

注意ポイント

例えば私は下記の3つのクセに気づけました。

  1. これ、あれと指示語が多い
  2. 〜すること、〜ことができます
  3. 〜しましょう。〜しましょう。〜しましょう。

ユーザーは少しでもわかりにくいと思った箇所があると、すぐに離脱してしまいます。文章のクセを直すと、あなたのブログに訪問したユーザーも引っかかりなく読み進めてくれます。

ユーザーのサイト滞在時間が増えたり、商品を購入してくれる可能性が高くなるといいことがばかり!

 

一瞬で100以上のアドバイスがもらえ、素人の文章がプロの文章に

私も外注ライターさんの添削経験がありますが、100以上アドバイスをするなら3時間以上かかります。

その点、文賢はAIの力で100以上提案してくれます。アドバイスがすぐに反映されるので、一瞬でプロの文章に早変わりします。

 

推敲・チェックに1時間→文賢でたった10分に

自分が書いた文章は、脳みそが「最高」と思うので文章の間違いにはなかなか気付けないんです。推敲・チェックに1時間以上かかることも珍しくありません。

しかもよく確認したと思ったのに、あとから見返してみると誤字・脱字を発見することも。しかし文賢に任せておけば10分(5,000文字くらいで)で推敲、誤字・脱字までのチェックが完了します。

推敲・チェックの時間が短くなれば、記事のリサーチ、音声入力にかける時間が取れて、短期間で記事が量産できますよね!

 

使えば使うほど、自分の文章力+語彙力がアップする

文章力を上達させるためには、プロとして活躍している人に添削してもらい、アドバイスをどんどん取り入れることが大切。

しかし、残念ながら文章を添削してくれるサービスは少ないです。回数も3回と少ない。回数が多いと高額になりますし。

文賢は3,500以上のアドバイスができるため、長期間使うほどあなたの文章力がアップします。

あなたの文章力がアップする理由は毎回同じ所を指摘されれば、ここを訂正すればいいんだということが身につくからです。

訂正パターンやAIが好みそうな表現を予測できるので、添削ボタンを押す前にここを指摘されそうだなと気づけます。

 

自分で推敲・チェックするだけだと、語彙力がなければ文章の置き換えもできません。

類義語を調べると1記事に対する時間がかかってしまい、投稿するまでに時間がかかります。

しかし文賢を使えば、類義語を提示してくれるので、その中から自分がいいなと思った表現を置き換えられます。

 

読み上げ機能があり、自分で誤字・脱字を探すよりも早い

誤字・脱字を自分で探そうにも、なかなか見つかりません。

文賢の読み上げ機能を使えば、誤字・脱字を探していた時間が短縮されます。

私は5,000文字の誤字・脱字を確認するのに30分以上かかってましたが、文賢を使えば10分で終えられました!

20分使える時間が増えたため、リサーチや音声入力など新規の記事を作る時間が増えましたよ♪

 

文賢を利用するデメリット

4つあげてますが、共通してお金のことです。

注意

  1. 初期費用がかかる 
  2. 買い切りじゃないため、毎月お金を支払う必要がある
  3. 解約後、また初期費用が発生する
  4. 無料お試し期間がない

文賢の評判を調べてみると「無料お試し期間がない」と記載されています。

1万円以上支払わなきゃいけないから、購入するメリットがあるか不安ですよね。

白子りん
実は、文賢には毎月2回(13〜14時の間)に無料オンライン説明会(ZOOM)が開催されています。

そこに参加すると、お試し期間で3日間文賢が利用できますので、気になる方は参加してみませんか?

 

添削つきサービスと文賢を比較

サービス 料金(税込) 添削 内容
ライティングハックス 69,800円 3回 動画コンテンツ(自己学習)
ライターカレッジ 24,800円 4回 講座テキスト
文賢 11,880円(初期費用)+
2,178円(月額費用)
=14,058円
解約しない限り何度でも 添削ツール

あなたの文章を添削してくれるサービスって、実はあんまりない。

たまにブロガーやアフィリエイターが、企画で「1記事添削」してくれることはありますが、

1記事添削してもらったところで次から文章力があがるかといったら、そんなことありませんよね。

ココナラで3,000円で添削している人もいます。5回お願いしたら15,000円かかりますよね。

そう考えると文賢は約14,000円払えば、何回でも添削してくれるのでコスパがいいかも?

 

文賢を初心者アフィリエイターが利用するメリット・デメリットまとめ

メリット

  • 自分の文章のクセが直せる
  • 一瞬で100以上のアドバイスがもらえ、素人の文章がプロの文章に
  • 推敲・チェックに1時間→文賢でたった10分に
  • 使えば使うほど、自分の文章力+語彙力がアップする
  • 読み上げ機能があり、自分で誤字・脱字を探すよりも早い

注意

  1. 初期費用がかかる 
  2. 買い切りじゃないため、毎月お金を支払う必要がある
  3. 解約後、また初期費用が発生する
  4. 無料お試し期間がない

 

【知らない人が多い】文賢はオンライン説明会に参加したら3日間お試しできる!

毎月2回、先着10名で13時〜14時に開催されています。

子どものお昼寝中に話が聞けるのでいいかも。失敗したくない人は事前に聞いてみて!

利用後は、3日間文賢が利用できるので、自分に合っているか試してみてね。

 

 

-アフィリエイトに必須なアイテム

Copyright© べびすて! , 2021 All Rights Reserved.